BBクリームに化粧下地は必要?意外と知らない違いとは?

BBクリームに化粧下地は必要?意外と知らない違いとは?

BBクリームは1本で何役もこなしてくれるから、忙しい女性には頼れるアイテムですよね。

 

最近は日焼け止め効果も高く、気になる部分をしっかりカバーしてくれるBBクリームも登場しているので、下地を使わずにBBクリームだけで済ませる方もいらっしゃるかと思います。

 

でも、本当にBBクリームだけでいいのか、ちょっと気になりますよね。

 

 

ここでは「BBクリームにも下地はいるの?」「BBクリームはファンデーションの下地に使っていいの?」「化粧下地とBBクリームの違いは?」といった素朴な疑問にお答えしたいと思います。

 

 

 

<BBクリームにも下地はいる?いらない?>
どこのメーカーのBBクリームも、化粧下地とファンデーション、日焼け止めの効果を持っているので、化粧下地を使わなくてもよいことになりますが、実際にはどうなのでしょうか。

 

 

【BBクリームの使用感を見ながらでOK!】
基本的には、洗顔をした後の肌に直接BBクリームを使って問題ないと言えるでしょう。

 

ただ、それだけではなんとなく気になるといった方や、お肌の調子が良くないといった方もいらっしゃいますよね。
そういう方は、洗顔後、スキンケアをした肌にBBクリームを使って問題ありません。

 

 

【スキンケア以外の下地を使う場合は?】
BBクリームは、各メーカーによって保湿効果が高かったり、日焼け止め効果が高かったりと様々です。
どの効果が優れているのか良く確認して使うと良いでしょう。

 

「BBクリームでは効果薄い」と感じる点については、下地をプラスして補ってあげると良いそうです。
日焼け止め効果が欲しいときには、日焼け止めクリームを、BBクリームではカバーできないシミなどはコンシーラーを下地にという具合です。

 

メイクのプロは、さらに小鼻のわきにコントロールカラーを部分使いしたり、ファンデーションを部分使いしたりするそうですよ。

 

BBクリームに化粧下地の効果はあっても、ご自分のお肌の調子に合わせて化粧下地を使用すると良い、ということのようですね。

 

 

それでは気になる化粧下地とBBクリームの違いですが、一体どこにあるのでしょう。
その違いがはっきりしておくと分かりやすいと思いますので、詳しく見ていきましょう。

 

 

 

<化粧下地とBBクリームの違いは?>
最近では、数種類の化粧下地を使わずに済む「化粧下地」という商品が登場していますよね。

 

コントロールカラーとしての機能があるものも出ているのでますます分かりにくいのですが、二つの違いは、ファンデーションとして使えるかどうかが見分けるポイントになります。

 

【化粧下地とは?】
本来、洗顔した後につける化粧水や乳液、美容液や日焼け止めなどを差し、ファンデーションを塗る前に、お肌の調子を整えたりケアしたりする化粧品全般のことを差します。
肌の色味を補正するコントロールカラーも化粧下地に含まれます。

 

 

【BBクリームは?】
一方BBクリームは、化粧下地と日焼け止め、保湿効果などの効果にファンデーションの機能がプラスされているものです。

 

本来なら、日焼け止めや保湿効果などは化粧下地に含まれるので、書く必要はないものです。
ただ、使う人がどういう効果を持っているか分かりやすいように、日焼け止め効果、保湿効果といった特徴を抜き出して書かれています。

 

 

元々BBクリームは、ピーリングをした後の肌を整えて落ち着かせるためのクリームに、ファンデーションの機能を加えたものです。

 

化粧下地との区別があまりつかないのもそこから来ていると言えるでしょう。

 

 

 

<BBクリーム自体を下地として使う?>
BBクリームは、ファンデーションとして使えますが、ファンデーションの下地としても使用することができます。

 

 

【しっかりメイクのときはBBクリームを下地に】
ナチュラルメイクのときはBBクリームだけで済ませ、気になる部分をカバーしたいときやしっかりメイクのときは、BBクリームを下地に使うとよりきれいに仕上がります。

 

BBクリームは、肌の色味を補正してくれる上に、気になる部分に重ねて付けるとコンシーラーとしても使えます。
その上にファンデーションを乗せればフェイスパウダーを軽くつければ、しっかりカバーしながらメイク崩れを防いでくれますよ。

 

 

 

<まとめ>
いかがでしょうか。
BBクリームには化粧下地の役割もしてくれますが、ご自分の肌に合わせて保湿クリームや日焼け止めクリームを使うことで、いつもより満足のいくメイクになると思います。

 

少し時間はかかりますが、ひと手間かけることできちんとケアしながらナチュラルメイクができますね。

 

また、しっかりメイクのときは、BBクリームを下地に使うことでパーティーや結婚式にも華やかなメイクを演出することができます。

 

ご自分の肌の調子やTPOに合わせて、上手にBBクリームを使ってください。

BBクリームに化粧下地は必要?意外と知らない違いとは?関連ページ

BBクリームとファンデーションの違いはあるの?